ナビゲーションにスキップ メインコンテンツにスキップ

Eコマース / Eコマース | Checkout 51 ケーススタディ

ダイナミックリターゲティングがCheckout 51のKPIであるWAU(ウィークリーアクティブユーザー数)の目標達成にどのように貢献したのでしょうか?

顧客を囲い込み、コストを削減

Checkou 51は、カナダとアメリカで2,000万人近くの会員を持つ、北米を代表するキャッシュバックアプリの1つです。Checkou 51は、消費者向けのパッケージ商品を扱う企業と提携し、会員に週単位で商品を購入するインセンティブを与えています。Checkou 51は、食料品にフォーカスして、会員に対して7,500万ドル以上の値引きを行うことができました。

既存ユーザーのLTV(ライフタイムバリュー)を向上させるために、セグメントやダイナミックなクリエイティブをテストして、リターゲティングキャンペーンを成功させました。

« インクリメンタルテストによって、Remergeはキャンペーンを受け取ったユーザーの間にインクリメンタルなエンゲージメントがあることを証明することができました。Remergeは、広告パートナーの投資が効果的に使われることを保証するための努力を惜しみませんでした。 »

アレキサンダー・ポティチニジ、CHECKOUT 51、マーケティングディレクター

データを活用したパーソナライズされたリターゲティング

Checkout 51は、モバイルアトリビューションパートナーのAdjustを通じてRemergeに直接ポストバックを提供しました。このデータは、メンバーのアクティビティに基づいたセグメントを作成するために使用され、適切なユーザーが適切なタイミングで適切なメッセージを受け取れるように、リアルタイムで更新されました。これにより、特定のメッセージを受け取るために必要なメンバーだけに広告が表示され、予算が効果的に使われるようになりました。

Checkout 51は、CSMパートナーのBrazeを通じてRemergeに直接セグメントを提供しました。この連携によりCheckout 51は、メールとPush通知の受信登録を解除したユーザーデータを活用して従来のコミュニケーションチャネル経由ではリーチできなかったユーザーをターゲットしました。これにより、Remergeとリマーケティング施策が企業のコミュニケーションチャネルとしても活用されるようになりました。

データセキュリティに関してはRemergeがデータプロセッサーとしての役割であることを十分に説明することで、Checkout 51チームの信頼を得ることが出来ました。

アプリのリターゲティングのあらゆる側面を最適化

ターゲットセグメント

Remergeは、Checkout 51のウィークリーアクティブユーザー(WAU)の継続的な成長を支援しました。特定の週に非アクティブだったユーザーをリターゲティングすることで(Checkout 51は毎週水、木曜日に新しいオファーを提供)、RemergeはCheckout 51がWAUの目標のいくつかを達成することを支援できました。

複数のセグメントが、最後にアクティブだった日と異なるバリエーションでテストされました。最大の課題であり弱点は、これらのセグメントを動的に実行できないことでした。毎日セグメントをアップロードしても効果がなかったため、Checkout 51はイベントストリームをRemergeに開放し、リアルタイムでダイナミックな更新ができるようにしました。

最高のパフォーマンスを発揮したセグメントは、前週はアクティブでしたが、今週はアクティブではなかったユーザー郡で構成されていました。ユーザーを効果的なペースでアプリに戻すには、リマーケティングが有効に機能しました。

ダイナミッククリエイティブ

ダイナミックのフィード広告は、常に広告が最適化されるため、最高のパフォーマンスを発揮しました。アプリに掲載されているブランドのさまざまな製品を使用して、オファーは広告内でローテーションされていました。Checkout 51は、これらの広告を使い、毎週異なるプロモーションを展開し、まだアクティブになっていないユーザーを継続的にターゲット化して興味を持っているかもしれない商品のオファーを表示することで、ユーザーがアプリを開くように誘引することができました。ダイナミックなプロダクトフィードで、異なる商品を表示することができるようになり、ユーザーがアプリを開いてオファーに興味を持つようになる確率が高まりました。

知っておくべきこと

ダイナミックな製品広告を掲載する際には、DSPがどのように広告を作成しているかを確認することをお勧めします。モバイルコマースでは、ユーザーの製品における好みの類似性に基づいて、製品を推奨するカスタムロジックを持つことが最も効果的です。

成功を測定するためのインクリメンタリティテスト

Checkout 51はGoogleのゴースト広告コンセプトに基づきRemergeが開発した無料で透明性の高いゴーストビットテストの早期採用企業の 1 つです。お客様の次の言葉が、この特徴を最もよく説明しています。

「これはRemergeがパートナー企業の成功を本当に考えていることを証明しています。インクリメンタリティーテストでは、リマーケティングで得る効果が無く、予算投下に価値がないと証明される可能性もあります。しかし、効果があったことが証明され、リマーケティングに予算を使うことで、我々のビジネスにとって妥当な価格で増分WAUを得ることができました。数週間ホールドアウトグループ(対象群)を設定することでリマーケティング広告のインクリメンタリティが理解できれば、ROIが得られているということがわかります。」

インクリメンタリティの詳細

次のステップ

動的リターゲティングとダイナミック広告を通じてCheckout 51のWAU目標を達成してきましたが、以下に関しての継続的な施策に努めています。

  • 新しい機能を訴求してユーザーをリターゲティングします。Checkout 51が新しい機能とカテゴリーを展開するタイミングに合わせ、Remergeはアプリをアンインストールしたユーザーをターゲットにして、アプリの新機能を訴求してユーザー復帰を図ります。
  • Checkout 51は、マーケティングメールやPush通知を登録解除したユーザーセグメントに対してはコミュニケーションチャネルとしてRemergeを活用します。
  • 最後に、Checkout 51はRemergeを使用してインクリメンタリティテストを継続的に実行し、このチャネルからの継続的なROIを明確に把握します。