ナビゲーションにスキップ メインコンテンツにスキップ
すべての結果

リターゲティング広告で成功するデザインのコツ5つ

Remerge社には専門デザイナーチームがおり、広告活動の様々な場面でクリエイティブを作成されるお客様を支援しています。こちらのブログ記事では、Remergeのトップデザイナーの1人、ルーカス・セスブーエ(Lucas Sesboüé)が、最良の結果を得るために、リターゲティングバナー・デザインをどのように最適化するかについてポイントを説明します。

成功するリターゲティングバナーを作成する際に注意すべきポイントは多数ありますが、今回5つのポイントについてお話しします。

1.まず初めに:アプリのバナーに関する基本チェックリスト

優秀な広告は、常に以下3つの重要な要素を含んでいます。

アプリのロゴ、コピー(テキスト)、CTA

作成する広告に上記すべてが入っているかどうかチェックしてください! 成功するバナーを作成するための重要な第一歩です。

2.UAクリエイティブ(顧客獲得用の広告素材)を使い回さない!

さて、あなたのデザインスタジオが、たった今、あなたに洒落たUAバナーを提供しました。«今すぐインストール»ボタンを«アプリを開く»ボタンに置き換えて、広告活動をすぐにでも開始したらどうだろう?

はい、そうしたくなるお気持ちは分かります。

ですが、バナーデザインの中で効果があるものはCTAに関するものだけではありません。使用されるコピーや画像、色によってもデザインの全体コンセプトが変わります。

UA(顧客獲得)コンセプトは、たとえそれが最新のCTAと共に使われたとしても、常にリターゲティング目的にも効果を発揮するわけではありません。

何故か? UAバナーは、インストールしてもらうことを目標として、新規ユーザーの注意を引くようにデザインされているからです。

一方、リターゲティングバナーは、ユーザーの意図に沿ったものである必要があります。ユーザーがあなたのアプリに戻ってくる理由は何でしょう? チュートリアルの完了、それとも購入やレベルを完了するためでしょうか?

当然、 必要なバナーデザインは、一般的なバナーデザインとは違いますよね。ご注意ください!

3.相手に語りかける(広告の個別化)

正しく行えば、アプリのリターゲティングで、ユーザー基盤の非常に細かいセグメンテーションを提供できます。ぜひご活用ください! 対象者タイプごとに個別化されたメッセージを書くようにしてみてください。これにより、バナー効果が飛躍的に向上します。

例:

購入したことがない人に:「2日間限定でプロ・バージョンを50%割引!」

以前購入したことのある人に:「優待セールを1つ試して、次のレベルにステップアップ!」 離れていったユーザーに:「しばらくご利用いただいていませんが、当社の最新機能は既にお試しですか?

4. C.R.A.Pに則ってデザイン

デザインの基本的ルールは、もちろんバナーにも当てはまります。よって、ここでは、C.R.A.P(Contrast・Repetition・Alignment・Proximity)ガイドライン(真面目な話なので笑わないでくださいね)と呼ばれることもある 4 つの重要なルールをご紹介します。

バナーをデザインする際に考慮すべき4つのルールは以下のとおりです。

Contrast(コントラスト):対比的な色、形、フォントを使用するなどして、デザイン要素に対比的特性を取り入れます。こうすることで、互いに混同されなくなります。本当に飛び出してくる色を選択し、CTAボタンにコントラストを適用することもできます。

Repetition(繰り返し):コントラストが要素を際立たる一方、繰り返しは要素のバランスをとり、バナー全体を構築します。 同レベルの要素は、一貫した方法で表示するようにします。 例:バナーに商品を2つ表示する場合、各商品タイトルは、同じフォント/色/サイズにする必要があります。

Alignment(整列):バナーの要素をランダムに配置したり、任意に配置したりしないでください。要素を適切に配置すると、読みやすくなり、デザインの一貫性が高まります。

Proximity(近似): 関連する情報同士をグルーピングし、グループ間にスペースを空けます。デザインを雑然とさせないために、余白は重要です。

5. プロモーションを活用:皆、得することが好き!

割引や無料アイテム、プランの期間限定アップグレードといった、ユーザーがあなたのアプリに戻ってくるように誘導できる何らかのプロモーションを行う余裕がある場合は、ぜひ実行してください!

このようなプロモーションは、ユーザーがアプリの使用を再開しようと決める後押しとして本当に効果があります。