ナビゲーションにスキップ メインコンテンツにスキップ
すべての結果

ブランドセーフなアプリリターゲティングキャンペーンを実施する方法

「キャンペーンのでモバイル広告枠を購入する際、どのようにブランドセーフティを担保するのでしょうか」。 これは、Remerge (リマージ) のクライアントや見込み顧客から最もよく寄せられる質問の1つです。広告主は、広告が無関係なコンテンツと一緒に表示されることを避けたいだけでなく、不適切または攻撃的なコンテンツと一緒に表示されることも望んでいません。

プログラマティック広告購入は成長を続けており、2022年には全世界で5,000億ドル近くに達すると予想されています。モバイルビジネスがこの業界でより大きな投資を行うにつれ、マーケターは広告パートナーがどこに広告を表示するかについて、より注意を払い始めてきています。彼らは、キャンペーンの実施とレポートに関して、パフォーマンスが期待したレベルに達していない理由を把握するために、完全な可視性と透明性を求めています。

マネージドデマンドサイドプラットフォーム(DSP)と提携することで、ブランドセーフティとアプリ内リターゲティングに関するマーケターの懸念を払拭することができます。この記事では、ブランドセーフティを維持する方法と、アプリ内リターゲティングのパートナーを探す際に留意すべき点を探ります。

プログラマティック領域におけるブランドセーフティとは?

ブランドセーフティとは、ブランド広告が企業の評判を損なうような場所、つまりブランドの倫理や価値観にそぐわないオンライン上の場所に表示されないようにすることです。不適切な場所に意図的に広告を掲載しようとする人はいませんが、広告が掲載される可能性はあり、その場合、悪影響を及ぼす可能性があります。

そのため、ブランドはアプリ内リターゲティングキャンペーンの開始を決定する際に、特に慎重になることがあります。モバイルエコシステムのどこに広告が表示されるのか、また、DSPパートナーがどのように異様または異常な広告配置の可能性を軽減するのかを正確に把握したいのです。

なぜ、ブランドの評判が重要なのか?

広告主は常に新しいオーディエンスを獲得するために戦っており、プログラマティック広告に資金を注ぎ込むことがいかに有用であるかを理解するのは簡単です。自動化されているため、広告枠の特定と購入が従来の方法よりも高速になります。また、きめ細かなオーディエンスのセグメンテーションが可能なため、マーケターは特定のオーディエンスに特定のタイミングでリーチすることができます。

しかし、自動化とは、このプロセスの背後にある技術に信頼を置くことです。広告出稿を一つ間違えれば、数秒後にはソーシャルメディアが騒がしくなり、ニュースサイトに掲載され、ブランドに取り返しのつかないダメージを与える可能性があります。結局のところ、ユーザーがオンラインでブランドに対する意見を形成するのにかかる時間は、わずか50ミリ秒なのです。もし、その人が最初に接したブランドがフェイクニュースのようなものと結びついてしまったら、企業は永遠に顧客を失ってしまうかもしれません。信頼できるブランドの構築には長い時間がかかりますが、その評判を落とすのはほんの数秒です。

« クライアントは、コンテンツが配信される場所について、何らかのセーフガードやセーフティネットを持つことを求めています。 »

Phil Golas氏, VP of Technology and Activation, Spark Foundry社

代理店はどのようにこの問題に取り組んでいるのか?

先日のApptivateのポッドキャストに登壇したPhil Golas氏は、広告代理店Spark Foundryで、広告運用のテクノロジーとアクティベーションのVPを務めています。私たちは、ブランドセーフティについて話し、それがますますホットな話題であることを認識した上で彼は、どのブランドも、攻撃的な広告と一緒に表示されるような企業になりたくないと考えていることを強調しました。

「広告を表示させたいけれども、特定のコンテンツに対して表示させたくないというのは誰しもが思うことで、非常にデリケートな問題です。しかし、これは常に念頭に置かれるべきものであり、常に進化しています。私たち広告代理店は、ブランドがアドセーフなコンテンツに出稿することを保証する責任を負っています。」

「クライアントは、コンテンツが配信される場所について、何らかのセーフガードやセーフティネットを持つことを求めています。」

チェックリスト:モバイルにおけるブランドセーフティを管理する方法

アプリ内広告を開始する

アプリ内広告には、当初からブランドセーフティを担保するための仕組みが備わっています。モバイルマーケティングパートナーは、Google PlayやApp Storeで承認され、利用可能なアプリにのみ広告を掲載します。つまり、貴社のブランドは、他の潜在的に疑わしいアプリやモバイルウェブサイトに表示されることはないのです。

自社にとってのブランドセーフティとは何かを理解する

ブランドセーフティを管理するためには、まず、自社ブランドにとってブランドセーフティとはどのようなものかを定義する必要があります。どのようなアプリへの広告配信を避けたいですか?政治やギャンブルのアプリなど、一部のブランドが「安全でない」と判断するコンテンツは、戦略の一部となり得ます。

ブロックリストパブリッシャーを避ける

「ブロックリスト」パブリッシャーを回避することが重要です。ブロックリストパブリッシャーとは、スパムやマルウェアをホストしている可能性があるアプリのことです。多くのサードパーティ企業がユニバーサルブラックリストを提供・更新しており、安全ではないパブリッシャーをブランドが把握するのに役立っています。

ブランドによっては、低価格のモデルが魅力的に見えるため、この種のパブリッシャーを利用するかどうか、悩んだり迷ったりすることもあるかもしれません。しかし、自社ブランドとこうしたパブリッシャーを積極的に結びつけることは、特に評判の良いブランドを築き上げようと考えているのであれば、得策ではないことが多いでしょう。リスクのしきい値は、あなたのブランドにとって変わる可能性があることを心に留めておいてください。ブロックリストのリストを定期的に見直して、ブランドの評判を損なわないようにする必要があります。

キャンペーンをリアルタイムにモニタリングすることを習慣化する

広告をモニタリングすることで、いつもと違う広告の配置に気づくことができます。キャンペーンをモニタリングする習慣をつけることで、キャンペーンの設定をリアルタイムに修正し、ブランドへのダメージを最小限に抑えることができます。

悪い結果に備えた対応策を忘れずに

自社のコミュニケーションチームと時間をかけて、評判が損なわれた場合の対応策を構築してください。そうすることで、損害を迅速かつ効果的に抑えることができます。

信頼できるDSPパートナーとの連携

DSPは、より優れたリーチと広告購入能力を提供します。また、複数のアドエクスチェンジを利用する場合にも、より効率的です。さらに、DSPは、IABによってアウトライン化された業界のガイドラインに従い、コンテンツの検証プロセスを実施することで、ブランドセーフティに関するリスクを管理します。

信頼できるDSPと連携することが重要です。レビューやケーススタディを読み、次のような質問をすることで、リサーチを行いましょう。

  • 望ましくないアプリをフィルタリングする方法は?
  • サードパーティデータとの統合は可能か?
  • 提供されるレポートはどの程度詳細か?

キャンペーンの目標に合致するDSPを特定しましょう。例えば、ゲームを運営していて、アプリ内リターゲティングキャンペーンを実施したい場合、モバイルゲームに特化した知識を持つDSPを探します。また、ニッチな商品であれば、その業界を熟知したパートナーが必要です。

DSPはどのようにブランドセーフティを担保しているのか?

特定のタイプのパブリッシャーをブロックリスト化する

パブリッシャーブロックリストの作成は、DSPが行いますのでご安心ください。DSPは、広告を表示すべきでないパブリッシャーを特定するためのマスターブロックリストを持っています。

Remergeでは、広告主の希望に応え、キャンペーンのパフォーマンスを最適化するために、一連のツールを使用しています。例えば、クライアントのリターゲティングキャンペーンにおいて、特定のパブリッシャーアプリ、パブリッシャーコンテンツカテゴリ、および一般的なバーティカルを除外するために、粒度の細かいレベルでブロックリストを作成することが可能です。

適切なアプリユーザーにリーチする

洗練されたターゲティングと強化されたセキュリティをクライアントに提供するだけでなく、高品質で大量のインベントリを持つDSPを選択するようにしましょう。インベントリ量が多いと、単一のパブリッシャーにインプレッションが集中するのを防ぎ、DSPはブロックリストされたパブリッシャーから迅速にピボットアウトすることができます。

ネイティブ広告を運用する

ネイティブ広告のフォーマットは、広告が掲載されるアプリのユーザー体験の形式と機能の両方にマッチしています。これらの広告は、アプリ内のコンテンツとシームレスに統合されているため、ブランドセーフティを実現し、最も関連性の高い広告メッセージを作成することが容易です。ネイティブ広告は、キャンペーンに規模を拡大し、より魅力的なチャネルでユーザーをリターゲティングするための優れた方法です。

ネイティブ広告は、アプリの他のコンテンツフィードに溶け込み、「Sponsored」、「Ad」、「Promoted」という単語が一緒に表示されることで他のコンテンツと区別されるようになっています。

モバイルアドフラウドを防ぐ

モバイルアドフラウドとは、モバイル広告技術を悪用して、広告主やパブリッシャー、サプライパートナーから不正に利益を得ようとする行為を指します。不正行為者は、広告予算から利益を得ることを目的としており、その結果、広告が誤った場所に表示されることがあります。

DSPの場合、デフォルトでクリックスパムクリックインジェクションの自動不正検出ツールを備えています。この場合、一定期間内にクリックのしきい値に達すると、パブリッシャーが自動的にブロックリストに登録されます。

また、DSPは、MMP(モバイル計測パートナー)からのデータを直接利用してリターゲティングキャンペーンを実施します。MMPは、アプリをインストールしたユーザーとそのアプリ内での行動を追跡します。DSPは、正当と思われるアプリ内行動に基づいてユーザーをターゲティングすることで、不正なインストール者の広告枠を購入する可能性を低減することができます。

リアルタイムのレポート機能の利用が可能

モバイルマーケティングキャンペーンは迅速に展開されます。そのため、キャンペーンの進捗状況をその都度分析することが不可欠です。DSPは、すべてのキャンペーン中の広告配置の一覧をダッシュボードに表示することができます。Remergeはすべての広告配置におけるインプレッションとクリックをリアルタイムでMMPに送信します。このデータの完全な内訳は、MMPダッシュボードで確認することができます。

Remergeの詳細はこちら