ナビゲーションにスキップ メインコンテンツにスキップ
すべての結果

モバイルゲームAPAC:あなたは競争の頂点にいますか?

モバイルゲームとマーケティングの事実

昨今、モバイルゲーム業界はこれまで以上に強力に成長してきていますが、御社のタイトルは効率よく成長と収益性を維持することができているでしょうか?

モバイルゲームは2019年でも最大のセグメントであり、売上高は685億ドルで世界のゲーム市場の45%を占めています。最近のレポートによると、すべてのモバイルゲームの収益のうち、80%がスマートフォンのみからもたらされると予測されています。さらに、2022年までに、世界のゲーム市場は1,960億ドルに成長すると言われています。

モバイルファーストおよびモバイル専用の新興市場は、2022年までにセクター全体の49%までモバイルゲームの成長を促進すると推定されています。

APAC市場は、まさにその予想に沿っていて、ゲームの収益に関してはかつて最も急成長している地域でしたが、ライセンスの凍結により中国が2018年に減速した結果、ラテンアメリカがこれを上回りました。それにもかかわらず、アジア太平洋地域は今年も722億ドルのゲーム内収益を集めており、世界の収益の約47%を占めています。

モバイルゲームの分野で成長する機会は膨大ですが、企業が直面する大きな課題である強烈な競争を無視することはできません。広告は、アプリマーケティング担当者の武器の常用ツールの1つですが、結果に留意するために効果的に行う必要があります。

今、日本市場では何が起こっているのか

日本は、過去数年間に着実に成長を続けてきたため、この地域で最も刺激的な市場の1つです。

日本は、世界のトップ3のモバイルゲーム市場の1つと推定されており、2019年のゲーム収益は約190億ドルで、独自の特徴があります。

AppAnnie / Dentsuの最近のレポートによると、ローカルで開発されたゲームのパフォーマンスは向上する傾向があり、モバイルゲームの収益の大部分は日本企業にもたらされています。

RPGとカジュアルゲームは今でも国内で非常に人気があり、ゲームのダウンロードの75%以上、ゲームに費やされたすべての時間の75%以上を占めています。ただし、RPGはより効率的に収益化し、収益全体のほぼ70%を占めています。

実際、日本には世界で最も熱心なモバイルゲーマーがいます。日本のモバイルゲーマーは、アジアの他の地域のユーザーと比較して、より長くプレイし(米国のユーザーの約3倍)、多くのお金を費やします(平均で1.5倍以上)。日本の有料ユーザーあたりの平均収益とコンバージョン率もそれぞれ88.1ドルと3.5%と非常に高くなっています。

競争に勝つためには、何をすべき?

これらの特性により、日本のモバイルゲームは他の国の市場と異なります。日本市場の特性を理解することは、強力な顧客基盤を構築するための鍵です。成功するためには、国際企業はゲームのスタイルとストーリー展開のローカライズに努力を重ねる必要があります。また、ローカルで好まれる傾向がある特定のゲームの仕組みを利用する必要があります。

日本が所属するAPAC地域は、市場の成長により収益機会がもたらされる競争力のある地域です。

ゲーム市場が成熟するにつれて、アプリマーケティング担当者は広告による収益化に向けて一層努力する必要があり、ROIの作成とゲーマーの収益化においてさらに重要な役割を果たします。

モバイルゲームがこれほど多くの収益を生み出すことができる理由の1つは、モバイルゲーマーが非ゲーマーよりも広告を受け入れやすいことです。競争により、モバイルゲーム会社はあらゆる面で革新を余儀なくされ、ゲームの発売直後から長期的な結果を考えています。

ゲームのライフサイクルの初期段階でリターゲティングを展開することは、ユーザーの収益化戦略で基本的な役割を果たします。新しい購入の支払いユーザーに手を差し伸べ、やる気を起こさせるだけでなく、最も重要なのは以前にプレイしたプレーヤーを再エンゲージすることです。また、リターゲティングはゲームのノベルティをユーザーに知らせたいときに、これらのユーザーにリーチすることも可能です。

アプリのマーケティング担当者として、リターゲティングは、さまざまな市場とゲームカテゴリのトップユーザーを特定するために不可欠なものです。

あなたのゲームアプリは日本市場に参入する準備ができていますか? 9月12日と13日に開催される東京ゲームショーの弊社ブースへ是非お越しください。Remergeのリターゲティングがどのように機能するのか、直接ご説明させていただきます。